行政書士を独学で勝ち取る方法|働きながら学ぶには

メガネとノート

自力で資格を取得するには

男女

一発合格は難しい

行政書士は難関国家資格のうちの一つであり、なかなか一発合格を目指すのは難しいです。そうではありますが、独学で行政書士試験の合格を目指すことは不可能ではありません。今では行政書士は人気の高い資格となっており、書店などで気軽に独学ようの行政書士試験対策のテキストを手に入れることが出来ます。こちらを利用して独学で勉強を継続しておけば、資格試験の合格も夢ではありません。また、行政書士試験の勉強をするには、このテキストを用意するだけでなく、法律の勉強には欠かせない六法、そして法律の勉強はただ知識を身に着けるのではなく、判例に触れる必要もあるので、行政書士試験の過去問などをある程度テキストの内容を理解したうえで解いて応用力を身につける必要があります。

完全に自力では難しい

行政書士試験に限らず、法律の勉強は完全に独学で行うのは難しく、解き方などに関しても試験対策として誰かに添削してもらったほうがしっかりとした答案の書き方が身に着きます。基本的に法律関係の問題は問題提起→学説の紹介→学説へのあてはめという流れが大切ですが、この流れを全く法律関係の勉強をした経験がない人が自力で身に着けるのはとても難しいです。近年では通信教育の行政書士試験対策講座も増えており、なかなか教室に通う時間がないという人は、このようなものを利用して、答案の添削をプロの人にしてもらうことで、確実な答案を作ることの出来る力を付けていくようにしましょう。行政書士試験に合格したら、ワンランク上の司法書士試験を受けてみるのもオススメです。

言語リハビリの専門家

カウンセリング

言語聴覚士は病院などで医療チームの一員として、コミュニケーション能力に障害のある人をサポートする役割を担っています。高校卒業後に3年制の専修学校で学ぶのが、最も短期間で国家試験の受験資格を取得する方法です。

やりがいのある仕事

保育士

幼稚園教諭として働く為には免許が必要となるため、専門学校や大学などに通って取得しなければなりません。専門学校や大学によって取得できる免許の種類や特徴が異なります。また、就職先も探す時には、自分が希望する職場を見つけやすくするためにも範囲を広げて探すことが大切です。

求められる仕事

大学生

保育士の仕事は今後益々求人が増えていく事が予想されています。資格を取得して、やりがいのある仕事に就く事は長い目でみると大切なことです。学校へ通って資格を取得して、仕事に就けば毎日が新しい事の発見です。

Copyright © 2017 行政書士を独学で勝ち取る方法|働きながら学ぶには All Rights Reserved.